飲む育毛薬で薄毛改善

飲むタイプの育毛薬の種類

飲むタイプの育毛薬は、その成分によって3つの種類があります。まずフィナステリド系です。日本では飲む育毛薬として医師が処方するものはあまり多くありません。日本で唯一処方が認められているのが、プロペシアでフィナステリドを配合しています。販売開始は2005年で厚生労働省からの承認を得ている育毛薬です。フィナステリド自体は元々薄毛治療のために開発されたものではありません。男性の前立腺肥大症の治療薬として使用していましたが、患者に抜け毛を予防する効果があり、薄毛治療に用いられるようになりました。男性型脱毛症で有効であることが確認されていますが、あくまでも男性用で女性は服用できません。次にミノキシジル系です。ミノキシジルは日本では飲む育毛薬というより、塗る育毛薬としての認知度が高いです。ミノキシジルも高血圧治療に用いられていましたが、服用した人が徐々に発毛効果を実感し始めてたことで、薄毛に対する効果が判明しました。血行を促進して頭皮環境を改善することで、毛穴の中にある毛母細胞の細胞分裂を活発にする効果があります。フィナステリドに比べて血圧に働きかける点で、副作用のリスクが高いです。しかしその分、男性型脱毛症が改善する確率もアップしています。医師は処方を行わないので、個人輸入で入手しますが、使用する前に医師の判断を仰ぐのが良いです。そしてサプリメント系です。最も手軽に入手できる育毛薬で、亜鉛など育毛効果がある成分をいくつか配合しています。健康食品として扱われるので、特に副作用がありません。しかしサプリメントの服用だけでは、目立った育毛が確認できないので、多くの人が他の育毛薬と併用して使っています。

■神戸でAGA治療が出来る病院はこちら
AGA 神戸
■こちらも錠剤タイプの治療薬です
フィンペシア
フィナロで毛が太くなる